• ホーム
  • 口コミ人気ランキング
  • 目的別のペット用シャンプー
  • シャンプーの方法
  • 犬シャンプー口コミ・評判
犬用シャンプーを口コミ評判ランキングで紹介!!

口コミ人気ランキング

A.P.D.C.

ユーザー評価

犬シャンプーについて

楽天犬シャンプーランキング1位!!安心して使用できる商品となってます。特に人気なのが『ティーツリー シャンプー』で、香りが良いのが特徴的で、仕上がりも抱きしめたくなる感じだと口コミでも評判です。累計販売数160万本を突破しているので、お悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか。

シャンプー情報をもっと詳しく見る

アデルミル
(デリケートな皮膚を考慮した低刺激性シャンプー)

ユーザー評価

犬シャンプーについて

犬用シャンプーを販売しているアデルミルは、1968年にフランスで創設された世界最大の動物薬専門メーカーであるビルバックの系列にあります。
このビルバックは、世界30カ国以上にある子会社を通じて、世界100カ国以上の市場に進出している巨大メーカーです。
その取り扱っている商品は犬用だけでなく猫用の物もあります。

こういった背景から、アデルミルのシャンプーは、世界中の獣医師から絶大な信頼を得る事に成功しています。

シャンプー情報をもっと詳しく見る

ピクニックシャンプー
(皮膚バリア回復・維持をサポートするシャンプー)

ユーザー評価

犬シャンプーについて

犬・猫用のシャンプーには様々な効果をもたらす物が数多くあり、今では色々な種類の物が開発・販売されていますが、このピクニックシャンプーのコンセプトは「動物の自然治癒力を高める」です。
ピクニックシャンプーには、アミノ酸系やマグネシウム系洗浄剤に加えて生薬を配合しており、これが犬や猫の持つ皮膚バリアの回復と維持を強力にサポートする働きをもたらしてくれます。日頃のスキンケアで犬・猫の皮膚病は回避出来ます。
ピクニックシャンプーは、その皮膚病の予防薬であり治療薬でもあるのです。

シャンプー情報をもっと詳しく見る

ペット用のシャンプーを選ぶには?

ペット用のシャンプーを選ぶには?
ペット用シャンプーを選ぶ際に1番大切な事は、被毛を傷めることなく連用できる低刺激で優しいシャンプーを選ぶことです。 犬や猫の被毛というのは、人間の皮膚や体毛と同じように皮脂膜で保護されています。 ですが、犬や猫の身体は被毛が細かく密生してしており通気性も良くないため、皮膚の代謝がスムーズに行われません。 皮膚の代謝がスムーズに行われないと、荒れやムレなど様々な肌トラブルに見舞われペットのストレスに繋がってしまいます。

シャンプーは低刺激のものを選びましょう
シャンプーを選ぶ際には、化学物質が多量に含まれていない低刺激なシャンプーを選ぶようにしましょう。 成分のPHが弱酸性に抑えられている低刺激なシャンプーを選ぶ事で被毛や皮膚のタンパク質が痛むのを防ぐ事が出来ます。 犬や猫の被毛や皮膚の主成分は、弱酸性のタンパク質です。 このタンパク質が弱酸性の状態で保たれている時、組織が最も引き締まり、美しく、傷尽きにくい丈夫な状態を保つ事が出来るのです。 アルカリ性のシャンプーは、この主成分となっているタンパク質を破壊してしまうため乾燥し静電気の起きやすい毛質にしてしまうというデメリットがあります。 毛質が乾燥すると毛玉や切れ毛の原因になったり、雑菌が繁殖しやすくなったりとトラブルの原因になってしまうので注意が必要です。

タンパク質の重要性について
犬や猫の被毛・皮膚を美しく丈夫な状態で保つ為には、タンパク質が必要不可欠です。 タンパク質は皮膚の表面組織をガードし傷や荒れの回復を助けると同時に、被毛に張りとコシを与え自然な艶とボリュームのある毛質を生成します。 このようなタンパク質を常時補給してあげるためには、被毛・皮膚組織内部まで行き渡る浸透性の高いシャンプーを使う事が必要になってきます。浸透性の高いシャンプーとは、”特殊タンパク質”の配合されたシャンプーの事です。

以上の事をまとめると、ペット用のシャンプーの選び方としてお勧めなのは”弱酸性で低刺激なもの”、”浸透性の高い特殊タンパク質を高濃度で配合してあるもの”という事になります。

カテゴリー一覧

シャンプーの方法

目的別のペット用シャンプー

ペット用シャンプーの口コミ・評判


ページトップへ